ドイツの生活

ロックダウン後のお花屋さんの工夫の先に私が学んだ教訓。

  1. HOME >
  2. ドイツの生活 >

ロックダウン後のお花屋さんの工夫の先に私が学んだ教訓。

コロナの感染者が増え、ウィルスの変異種も登場し

踏んだり蹴ったりな欧州のコロナ状況。

 

第2波、第3波どころの話ではないですよね。

日本は12/28から海外渡航者入国を

全面的に禁止することもあり、

2021年を迎えるにあたり

更に自分の心の在り方に

向かい合う必要がありそうです。

 

コロナのおかげで売上が大幅増の業種もあるかたわら

大打撃で撃沈・倒産、またはその一歩手前の業種もあることから

世界中で生き方・働き方についての

強制的な変革期。

 

そんなことを思いながら、

先日散歩をしていたら

ふと目に留まったお花屋さんのショーウィンドー。

(冒頭写真)

 

ロックダウン後のお花屋さんの工夫とは?

12月16日からは小売店においては、

食料品や生活必需品を除く

全店舗が閉鎖になってしまったドイツ。

 

レストランやカフェにおいては、

テイクアウトや配送のみOKです。

 

なんだかすでにこのロックダウンの不便さにも

慣れつつありますが、お花屋さんももれなく閉鎖。

 

そんな中、散歩中にふと目が留まった

お花屋さんのショーウィンドーには(直訳)

  • 番号を書く。または写真を撮る。
  • 電話する。またはメールを送る。
  • 私たちは配達します。

と、簡潔に記載されてありました。

 

ふむふむ。

 

立ち止まって端から端までよく見てみると

全ての商品に番号と値札が書いてあり、

同じ商品は綺麗に整列されて配置されていました。

(Topf=花器)

なんだか、美しく並べられた商品と

綺麗に着飾ったお花たちを見ていたら

このお花屋さんの愛とセンスを感じます。

 

そして

だって、ロックダウンだもの。

食べ物の配送がOKなら

お花の配送だってOKでしょ?

みたいな、柔軟さも感じ取れます。

 

しかも、店内に店員さんが常駐しているので

店舗受け取りも可能な感じでした。

 

強いて言えば、ウィンドーにせめて

電話番号(とメールアドレス)も

記載して欲しかったけど。

※後日ちゃんとみたら、入り口の扉に書いてありました。

 

ロックダウン後のお花屋さんの目的は?

ミュンヘン郊外の小さな町のお花屋さん。

お客さんは、地元の人がほとんどです。

地域密着型です。

 

そう。

私のように近所に住む住人が

散歩がてらとかに

 

ちょっと家に飾りたいお花を

家族にあげたいお花を

友人の誕生日にあげたいお花を

同僚へのギフトとしてのお花を

その他様々な理由で、

店舗に直接来てくれて売上が上がるのです。

 

でも、コロナでロックダウンの今。

「売り上げを上げるためにできることは?」

を、つきつめると

「お客さんのためにできることは何だろう?」

に、なるのですね。

 

商売の基本中の基本を

愛とセンスにあふれるディスプレイで

堂々と行っているこのお店には

とても好感が持てました。

 

”お客さんのためにできること・・”

自分にとっても学ぶところがあり

嬉しくなりました。

 

まとめ。

コロナによる現状の乱れが

大きい方もそうでない方も

大なり小なり、コロナ前と後では

生活に変化がありますよね。

 

私もそうです。

 

混沌としたコロナによる世界の動きの中で

お花屋さんから学んだことは

商売に限らず、あらゆる人間関係で

「相手のためにできることは何だろう?」

と思い出させてくれたことでした。

 

今、自分が置かれている状況で

自分のベストを尽くして

お客さんや相手のためにできること。

 

身が引き締まる思いです。

(sunnyプロフィール)

 

★放置していたインスタ再開しました。★

ほぼ毎日「今日のありがとう・感謝」を投稿しています。

フィーリングの合う方、是非フォローをお願いします。

ドイツへ移住

2021/7/23

7/24(土)日本時間14時。ClubhouseでKindle出版記念トークがあります!

  先日お知らせした、海外在住24人の仲間と出版したKindle本。 「ねぇ、日本を飛び出そうよ。17歳のあなたに伝えたいこと」 現在海外に住む著者24名の海外移住ストーリー。   出版を記念して、 明日7月24日(土)の日本時間14時から 音声SNS、Clubhouseにて出版記念トークを開催します。   この企画のきっかけともなった 日本で2番目に大きい、本田健さんのオンラインサロン。 与えること、人を応援することをし続けている ベストセラー作家の本田健さんご本人も参加し ...

ReadMore

ドイツへ移住

2021/7/23

遂に!Kindle本を出版しました。「ねぇ、日本を飛び出そうよ。17歳のあなたに伝えたいこと」は大人にもお薦め!

構想から約一年。 このたび、私が参加している作家の本田健さんのオンラインサロン(日本で2番目に大きいサロンです)にて出会った、海外分科会メンバーの有志24名で執筆した海外移住ストーリー本がついにKindle本にて出版されました!! 「ねぇ、日本を飛び出そうよ。17歳のあなたに伝えたいこと」 わたくしSunnyのリアルストーリーは、記念すべき第1巻の第2章に寄稿しております。   ベストセラー作家でもある本田健さんには、まえがきをいただき感涙です。   24人の仲間たちと形にすることがで ...

ReadMore

ドイツの生活

2021/6/19

ドイツで見つけるお酢についてリサーチしてみた!意外な使い方も。(FMラジオ番組ON THE PLANET提供記事)

(左からリンゴ酢、ハーブが付け込まれたハーブ酢、スグリ酢。各2.39-2.99€)※BIO表記は「オーガニック」という意味。 夏バテ予防や疲労回復、美容効果もあるといわれる、お酢(Essig/エッシッヒ/エッシック)。 ドイツのスーパーのお酢コーナーは 様々な種類のものが販売されています。   ということで、今回は日本のFMラジオ局「ON THE PLANET」という番組からのご依頼で、「ドイツのお酢」についてリサーチしてみました。 日本にお住まいの方は上記HP中央部分にある“タイムフリーで過去 ...

ReadMore

ドイツの子育て

2021/6/7

ドイツのティーンは16歳から合法的にお酒が飲める。14歳からも・・?喫煙は?

ティーンとお酒。 ドイツではびっくりすることに、16歳から合法です。 法律でOKとなっています。   我が家の娘も16歳になった誕生日に、 「ママ、わたしお祝いに赤ワインを飲みたい」 と色指定、お酒の種類指定で言ってきました。   ドイツ人パパが全く厳しくないのと、 ドイツの家族や親せきも普通にお酒を楽しむ人ばかりなので、 むしろ   sunnyあぁ、やっと飲酒解禁になったのねぇ。   と、なんとなく親の役目が半分終了した感がありました。 わたしはお酒を飲まないので ...

ReadMore

シュタイナー学校 ドイツの学校 モンテッソーリ学校

2021/6/7

シュタイナー学校とモンテッソーリ学校の保護者面談の違い。(経験談)

オンライン授業が日常になること、早一年。   16歳にもなると、ほぼ自立した大人のように成長してきて、あれこれと身の回りの世話をしていた小さな頃とは、また違った子育ての楽しみがありますね。   特に娘の通うモンテッソーリスクールは、「自立した人」として教育をすることが根底にあるので、わたしがあれこれする必要性が全くありません。   むしろ、あれこれする親に対しては、学校側(担任や各教科の先生)から注意されます。   元々それほど大したことのないわたしのドイツ語力です ...

ReadMore

-ドイツの生活
-, ,

© 2021 sunny's note Powered by AFFINGER5