ドイツの子育て ドイツの学校

ドイツの小学生は4年生まで-公立&私立の進路選択-

  1. HOME >
  2. ドイツの子育て >

ドイツの小学生は4年生まで-公立&私立の進路選択-

ドイツへ母子移住する際に必ず知っておきたい

ドイツの学校システム。

これについては、お子さんの学業環境はもちろんのこと

お友だちやママ友さんたちとの出会いにも関わってくるので

慎重に選択したいところです。

 

 

ドイツの小学生は4年生まで

ドイツの小学生は、基本的に4年生までです。

州や学校によっても若干の違いはあるようですが、

基本的に4年生の冬(9月始まりなので12月)までの成績で

進路が決まります。

 

5年生からは・・・

  1. 大学進学を目指すGymnasium(ギムナジウム)※12年生または13年生まで
  2. 専門学校を目指すRealschule(レアルシューレ)※10年生まで
  3. 職業訓練を目指すHauptschule(ハウプトシューレ)※9年生まで(Gesamtschule/ゲザムトシューレ、またはMittelschule/ミッテルシューレ)

と、成績や志望職業によって、8-9歳には自分の進路が決まります。

子どもがどの進路へ行くかというのは、実際には家庭の経済状況や、

家庭の教育に対する考え方が色濃く表れるところだなと思います。

 

移住してからのこの8年肌で感じたのは、

ドイツ(特に南部)は学歴社会であるということ。

 

上記は、公立学校(学費無料)の基本的な進路ですが

ここ十数年は、私立校を選択されるご家庭は年々増加傾向だそうです。

 

ドイツにある私立校の種類

東西ドイツ分断の歴史や、移民・難民の受け入れなどもあり

州や地域によっては、学校の教育水準に差があります。

そんなこともあり、国内での私立校の数がぐんと増え

私立校を選択する家庭が増えたそうです。

 

地域によって私立校は様々なので、一番早い検索方法は

  • 「Privatschule 地域名」
  • 「Privatgrundschule 地域名」

で検察すると早いかと思います。

ちなみに、ミュンヘンで調べると36件ほどでてきました。

 

ただ、この中にはビジネス専門学校なども含まれているので

名称からどの学年からの学校かを取捨選択する必要があります。

Grundschule(グルンドシューレ)という記載があれば、「小学校」になります。

それから、5年生からは以下に特化した専門校もあります。

  • スポーツ専門校
  • 音楽専門校
  • 宗派の学校(カトリック教やプロテスタントなど)

上記とは別に、独特の教育理念のもとに教育カリキュラムが組まれている

一貫私立校もあります。

  1. Freie Waldorfschule(フライエ・ヴァルドルフシューレ=シュタイナー学校)
  2. Montessorischule(モンテッソーリシューレ)
  3. インターナショナルスクール(独英)
  4. バイリンガルスクール(独仏・独日など)
  5. お城付随のエリート寄宿学校(学校名に”城”を意味する”Schloss”がついている)
  6. 日本人学校

 

かくいう我が家も、実はドイツ移住時から私立校を選択しました。

 

数年前に現在の州に引っ越した際にも、別の私立校を選択しています。

それには長いストーリーがあり、最終的に今の決断に至りました。

 

私立校を選択した理由

元々の理由は、元夫と元家族全員が私立校を卒業していたからです。

ドイツ移住時には、有無を言わさず彼らの卒業した学校への手続きが進められました。

 

娘が通った学校は「Freie Waldorfschule(シュタイナー学校)」ですが、

娘が赤ちゃんの頃には、シュタイナー教育についてある程度の知識を

集めて知っていたので、特に反対はありませんでした。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、ドイツにある公立学校と私立学校について

ざっくりと書いてみました。

ドイツ語を母国語としない母子移住が長期に及ぶのであれば、

この「教育環境」については、絶対にはずせないテーマかと思います。

もっとも「親子留学」なんて言葉があるくらいですものね。

 

移住する地域によっては、学校の教育水準が日本とは比較にならないほど

低いところもあるようですし、逆に高いと感じるところもあります。

 

この8年の間に、ドイツの小中高一貫校で

娘と一緒に濃い経験をしましたので、

次回は私立校のメリット・デメリットについて書こうと思います。

-ドイツの子育て, ドイツの学校
-, , , ,