ドイツの子育て ドイツの生活 ママ友

ドイツで本物のクリスマスツリーを購入!価格は?サイズは?飾りつけは?

  1. HOME >
  2. ドイツの子育て >
  3. ママ友 >

ドイツで本物のクリスマスツリーを購入!価格は?サイズは?飾りつけは?

12月24日。

ドイツの多くの家庭では、クリスマスツリーの飾りつけをする日です。

もちろん、信仰の種類や住んでいる地域・州・家族の習慣にもよりますが、

BW(バーデン・ヴュルッテンブルグ)州及びBY(バイエルン)州で出会った

ドイツ人家庭では、24日クリスマスツリーの飾りつけをする家庭がほとんどでした。

そんなドイツの家庭生活にかかせない、クリスマスツリー。(Weihnachtsbaum)

クリスマス前の日曜日を第4アドベントと数えて、

第1アドベントの始まる11月末または12月初頭から

街の広場で本物のクリスマスツリーが売られ始めます。

クリスマスツリー市場は、Weihnachtsbaummarktです。

お住まいの地域で探したい場合は、以下のワードで探してみてくださいね。

  • Weihnachtsbaumverkauf 〇〇(街の名前)
  • Christbaumverkauf 〇〇(街の名前)

ミュンヘン市内だけでも、こんなにたくさん購入できる場所があります。

まさに、いたるところにあります。

ドイツの本物のクリスマスツリー。マーケットでの価格は?大きさは?

私のブログ記事含め、どのドイツ関連記事もそうですが、

「ドイツ」と単純にひとくくりすると語弊があります。

旧東ドイツ・旧西ドイツではかなり違いがありますし、

ドイツ北部と南部でもまた違いがあります。

今回は、私が過去8年で経験した

ドイツのクリスマスツリー市場の経験を元に

書きたいと思います。

ドイツ南西部にあるBW州では、田舎の方になると

180cm~2mくらいの大きなクリスマスツリーが大体65-75€くらい、

120cm~150cmくらいの小ぶりのクリスマスツリーだと、大体15-35€くらいでした。

また、オーガニックツリーになれば、上記の価格が約倍になるものもありました。

ドイツ南東部にあるBY州でも、田舎の方はBW州と同じ感じでした。

ミュンヘン街中だと、180cm以上のものは100€近くなるかもしれません。

今年は、例年になく時間にゆとりがあったので

ミュンヘン郊外のマーケットをいくつか見て回りましたが

卓上にぴったりな、50cm前後の小さい可愛らしいツリーもありました。↓

小ぶりの150cm前後のツリー↓

ちなみに我が家は、車に入らない(屋根の上にも付けられない)ため、

基本的に150cm以上のものは購入しません。

今年も、小ぶりの120cmのものを20€で購入しました。

持ち運びしやすいように、

お兄さんが幹の下をチェーンソーで綺麗にカットし、

専用機械でネットに包んでくれます。これ、便利。

お兄さんの足元にある、こびとみたいな木が我が家のツリー。

ドイツのクリスマスツリーの飾りつけ。

クリスマスの飾りつけも、各家庭で様々かと思います。

調べると、キラキラ電飾を始めたのはアメリカが最初だとか。

ドイツでも電飾はよく見かけるようになりましたが、

元々クリスマスは宗教的物語が背景にあるので

教会は、アダムとイブが禁じられた食べものを食べた果物の象徴として

赤いリンゴを木にかけたことが始まりとなり、

クリスマスツリーに赤いボールをかけるようになったそう。

ツリー飾りの他に、日本にはないものとして

キリスト生誕をモチーフにした模型(Krippe)を

ツリーの下に置いたりします。(昨年撮影のもの)↓

小さいものから大きいものまで様々。

上記画像は、どちらも大きいサイズのものでした。

毎年クリスマスの時期になると

クリスマスマーケットや一般家庭でも

見ることができます。

最後に。

敬虔なクリスチャンやカトリックではなくても、

やはりヨーロッパでのクリスマスは

なんだか特別なものに感じます。

あくまでも個人的な見解ですが

「お祭り」というより

厳かで静かに「家族で祝うもの」といった印象。

よく言われますが、日本の「お正月」と同じですね。

各ご家庭のツリーを見させてもらうだけでも、

結構アイディアをもらえるので、この時期の楽しみの一つです。

(今年はコロナで断念ですが)

昨年お呼ばれして行った仲良しドイツ人ママ友宅では

こんな完成度の高いクリスマスツリーが飾られていました。

皆さまも、良いクリスマスを。

メリークリスマス♪

-ドイツの子育て, ドイツの生活, ママ友
-, , , , , ,